2006年08月22日

高知展その2

P1010138.JPG P1010141.JPG P1010141.JPG

こちらはエムツウ展示会場。
小品。


高知入りしたのが16日、帰ってきたのは昨日なので、
6日間のいつにない長丁場になった。

 毎日いろいろな人に会って、
いろいろな言葉が自分の中から出て、また入って。
いろんなものを食べて。
普段はまるで受け付けぬアルコールがあれ、いつもよりのめるねえ、、?
車で一日何度も移動して。
夜にはぐったり、のはずなのに、1時半に寝て
翌朝なぜか5時半には目が覚める。

何で僕はこんなに元気なんだ?

いろいろと不思議だった。

今回、描くという行為で何かが解放されたような気がするのだ。
やたらとエネルギーに満ちているのはどこかを開いた分、放出した分
同時に何かが入ってきているからなのだな。
と感じた。

疲れないのはそういうエネルギー交換がたまたまうまく行ったのだ。
うん、そう思うとしよう。

なんだかまだまだまだ描けそう。

こんなせりふ、20代のわけのわからぬエネルギーをもてあましていた頃に言っていたような気がして、
ちょっとばかり気恥ずかしい。

それからはもう倍ちかくの年数生きてしまったというのに。






posted by 前川秀樹 at 18:54| Comment(0) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知展

e 1.jpg「夏がたみ」 P1010072.JPG P1010074.JPG P1010065.JPG「雨間」 「葉月の種」 P1010030.JPG「事触れ」P1010029.JPG 「前兆 さきぶれ」 P1010018.JPG え2.JPG 「カクリヨの花」

高知の個展、「夏越の雨」
が始まった。

とはいえ1週間なので、今日の時点ですでに半分が終わっているのだけど。
今回は会場を2箇所。

上の写真はネッツトヨタの第2会場。
普段車を置いているとは思えないほど、空間はすっかりギャラリーに変身!
いや、普通のギャラリーではこんな引きは取れないので、
それ以上の空間になった。

のびのび展示が出来て本当に気持のいい空間になった。
感謝。

絵を描くのは自分をぐいっと開放するようで、正直今一番楽しい。

posted by 前川秀樹 at 18:34| Comment(0) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

個展・夏越の雨のお知らせ

夏越しの雨1.jpg

名称未設定 2.jpg

 前川秀樹コラージュ作品展
「夏越の雨・nagoshi no ame」


8月17日から22日

今回は高知、ギャラリーエムツウが会場です。

DMが手元に届きました。
うん、今回のDMはなかなかいい。と自画自賛。
夏らしい。

エムツウの空間では小さめの作品がたくさん並びます。

前川在廊日は17日と、多分19日です。

そして第2会場として、
同じ高知市内のトヨタのショールームの一部に展示スペースをしつらえていただいて、大きな平面作品の展示を行います。

さらに!

ティピーツリーチラシ.jpg

牧野植物園にて、ティピートゥリーを皆さんと作ります。
竹と和紙で作る円錐形の行灯を作って点灯するワークショップです。
こちらは18日。
19日には植物園の職員のかたによる、舞錐式の点火術にて、火をおこし
点火式が行われます。
飲み物などの出店や音楽とともに、夜の植物園をライトアップします。
う〜ん素敵だ。
18日は僕は一応講師ですが、19日は参加者として楽しみたいと思います。
皆さんお早目のお申し込みを。
詳しくはこちら→牧野植物園

迫る締め切り進まぬ制作。
それでも今回も高知を堪能するためにぎりぎりまでがんばります。
四国関西方面の皆様どうぞ宜しくご高覧のほどを。

posted by 前川秀樹 at 21:00| Comment(5) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

ギャラリーなつか

6,25 (25).JPG 6,25 (5).JPG 6,25 (20).JPG 
6,25 (15).JPG  

6,25 (1).JPG

 ギャラリーなつか は銀座の中央通に面したビルの8階にある。
通りに面して弧を描くように大きなガラスがはめ込まれていて、正面のみならず、左右にも実に眺めがいい。

昨日は初日。
でも月曜日。平日
実際昼間に訪れる人はきわめてまれだった。

下を眺めて、信号待ちで並んだタクシー車両の屋根のオレンジ色がきれいだなあ。
とか、
銀座見物の団体の歩き方がばらばらで面白いなあ、
とか、
時間のたつのがなんてゆっくりなんだろう、と思いながらの暇つぶしには事欠かなかった。

今回は3人展なので、それぞれメインの作品は一人1点ずつ。

僕は、古い額や、窓枠、椅子のフレーム、ピアノの鍵盤なんかを一度ばらばらにして
また再構成するという立体作品を出品した。
タイトルは「ファレーズ・ネジュ」。直訳すると「断崖の雪」

ほかに小品「ファレーズ01〜07」

僕の場合、作るという動機(モティーフ)は
まず素材との出会いなので、
必然的に最終的な形は
いろいろ姿を変えていく。彫刻か椅子かは
だから僕の中ではたいした違いは無いのだ。
今回は彫刻という作法を用いたというハナシ。


さておき、暫く続いた修羅場の連続がこれで一段落しそうだ。
ほんのちょっとだけ休もうと思う。
posted by 前川秀樹 at 09:12| Comment(0) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

銀座って、、。

 名古屋、ビエニョでの個展、本日無事終了いたしました。
遠方よりわざわざ足を運んでくださった方々。心より御礼申し上げます。
おかげさまで、手ごたえのあるやりがいを感じた展覧会と成りました。
生活道具だけでなく、絵でも興味を持ってくださる方々がいることが
わかり大変心強いです。
またよろしく御願い致します。




ナツカDM.jpg


 そして息継ぎをする間もなく、次がくる。
銀座ギャラリーナツカでの彫刻3人展が26日より始まる。
今再びエンジンをかけなおし鋭意製作中。

さて、ところで、このDM。
これはギャラリーから出展作家に届いた案内状である。
いかがなものだろうか?

初めて美術に興味を持ち、ギャラリーを訪れる人は、
これをみて、観に行ってみたい!
と心が躍るものなのだろうか?
作家の名前だけで、作品を具体的にアナウンスしないDM。
現代美術のギャラリーの間で、80年代の終わり頃からはやり始めたように記憶している。

少なくとも僕はこれっぽっちも“その気”にはなれない。
自分の展覧会の案内状を、発送する前から悪く言うのもいささか無責任な気もするが、
しかし、しかしである。
ギャラリーナツカは現代美術を扱う中では実績もあり優秀なギャラリーだと思う。
僕は付き合いも古い。
にもかかわらず、どうだろう?これは。

こういうところが、良くも悪くも、今も昔も“銀座”という大棚の敷居の高さを象徴していると思うのだ。

いい展覧会にしたい気持は、作家もギャラリーも同じだと思う。
ただ、新たに観に来てくれるファンやサポーターを置いてきぼりにしては、、。
80年代ならイザ知らず、これからを支える裾野の開拓をないがしろにしては、、。
と僕は自分の経験からつくづくそう思う。

あと正味1週間。
いい作品にはなりそうだ。予感もある。
手ごたえもある。
しかし、

DMを出そうかどうしようか、迷っている。

posted by 前川秀樹 at 21:47| Comment(0) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

名古屋から

6.10 (12).JPG 6.10 (7).JPG 6.10 (13).JPG 6.10 (8).JPG 6.10 (16).JPG 6.10 (25).JPG 6.10 (27).JPG 6.10 (29).JPG 6.10 (32).JPG 6.10 (34).JPG 6.10 (36).JPG

ビエニョでの個展「コトヨセノカベ」が始まった。
東海地方梅雨入りにもかかわらず、初日、
たくさんの方々に来ていただいて、ありがたい限り。

まだまだ会期は始まったばかりなので、
反応の全容はわからないけれど、
工藝とは違う内容の展覧会にこれだけのかたが来てくれて、
(知り合いの方も多かったのですが、)
感想を交わし、購入しに来てもらえるのは、
正直僕にとってはとても新鮮なこと。
久しぶりの感覚ともいえる。

まだまだ美術も捨てたものじゃない。

あと残り数日、楽しみです。


posted by 前川秀樹 at 00:14| Comment(2) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

名古屋ビエニョ

前川秀樹展

「コトヨセノカベ」

2006.6.10~17 11:00~19:00

ビエニョ:名古屋市西区名駅2−23−14 VIA141(1F)
     рO52−587−2230

にて。

前川在廊日、10日 11日午前中、です。






005.jpg 004.jpg 003.jpg



 名古屋ギャラリービエニョの展覧会は、平面作品展示。
いろんな旅先で採取してきた紙のパッケージや、新聞、古い本のページ、
薄い鉄くず、板ガラスなどのコラージュ。

120センチ×168センチの大きな作品のほかに、フェティッシュな小作品がたくさんあるので、今、全体の会場構成で頭を悩ませている最中。

壁の少ないスペースを、はてどうしたものか、、。

そろそろ追い込みと、梱包などの最後の作業にかからないと。

たぶんいい展示になるとおもいます。
乞うご期待。






posted by 前川秀樹 at 19:31| Comment(0) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

阪急梅田百貨店トークイベント

5.18.JPG 展示風景、タブとタリット、7号2シーター。

5.18 (1).JPG 今回の新アイテム、ストーンヴェセル 大と小、石灰岩の色がきれい。蓋モノで、ハンコを入れたり、蓋をしたままお香も焚けるし、水も入れられる。

5.18 (3).JPG 新アイテム7号2シーター、とストーンカッター小テーブル“エイレネ”

5.18 (4).JPG エイレネ。天板の角度,
高さの調節可能、脚を折りたたむと壁にかけられる。

5.18 (10).JPG トークショーが始まりますー。簡単に舞台を準備。奥にエイレネがかかっています。通称干しクラゲ

5.18 (13).JPG 三谷さんと出番待ち。

5.18 (15).JPG MCのおねーさんがあまりにもそつがなく上手なので、始まったらまるで水が瀬を流れるような見事な進行。二人とも聞き入っちゃって。

5.18 (17).JPG おかげで背中の丸い舞台の二人は全く緊張しませんでした。絡みのトークの時間が足りなかったくらいですね。

 梅田阪急デパートでの「欲しかったもの出来た」展が昨日から始まった。
おかげさまで滑り出しは好調のよう。
高松の各メーカー、商工会議所、デパート。
かなりがんばりました。会場もよくまとまっている。
昨日は山口さんと小泉さんのペアでトークイベントがあった。
すごい人の入りだったらしい。若い学生風の人たちは最前列でメモを、、。
今日は僕と三谷さん。まだまだ話したかったけど、40分はあっという間。
進行のおねーさんの見事な仕切りで、時間ぴったり。

20分のインターバルのあと、サイン会。
整理券を配って限定50人(笑)
いや、でも整理券は別に必要なかったんじゃないかなあ、、。

二人で背中を丸めて、水性ボールペンで本の見開きに
小さく名前を書かせていただく。
あ、三谷さん、かわいらしいスプーンの絵なんか描いてる。
なんだー!僕も何かいいのを考えてくればよかった。
いつもの事ながら、詰めが甘いよ自分。
こんなのがあるとは思わなかったからねえ。
でももしかしてまたの機会があるかもしれないから、
それまで何かイカスやつ考えなくてはね。

来てくださった皆さん本当にありがとうございました。
既知の方も初めましての方も、あの場でお会いできてうれしかったです。
 
 僕はそのあとまた急いで走って、新幹線に乗って次は名古屋まで。
今度の展覧会のギャラリービエニョで打ち合わせ。
木工の杉村さんに偶然ばったりお会い出来た。


展示中のブロンズの鋳物の彫刻があまりにも魅力的でヤラレタ!!

DMを観て、やばいぞやばいぞ。これは見たらいけないよ。苦しむだけだ。
と思っていたけど。観ちゃった。想像以上だった。
お金も無いのになんてこと。3点を衝動買い。杉村さんも一緒に衝動買い(?)
やってしまった。
またやってしまった。
ああ〜〜〜〜〜。

ああ、ものすごくうれしい、けどどこからそんなお金を。でもあれが家に来る。なんて複雑。
また明日からがつがつ働けばいいよ。と自分に言い聞かす。
開いた穴を活力にしてがんばるのです。


そして盛りだくさんな一日の出来事を反芻しながら、
再び新幹線に乗って東京。で、茨城まで。
やあ、5時半に起きてから今日1日長かったなあ。
へとへとになりました。
posted by 前川秀樹 at 01:05| Comment(3) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

お知らせ二つ

ファミーユチラシ.jpg


お知らせその1

5月4日、結城にある、かなり本気で素敵なカフェ ファミーユにて、
ワークショップをやります!

ティピーツリーという灯りを作ります。
参加費は無料ですが、スペースの都合上、人数制限があります。
今のところ、20人を対象と考えています。

詳細についてはファミーユまでお問い合わせください。


ちなみにファミーユは現在発売中の、自休自足という雑誌の春号の表紙になっています。結城なんだけど日本じゃないのです。

4,10 (34).jpg

今日はファミーユ主、奥澤さんと打ち合わせでした。
4日は1周年のイベントということでいろいろ企画中だそうです。
夕方からライブもあります。
灯りは持っても帰れますし、ライブ会場でも活躍してくれる予定。
どんな景色になるか楽しみです。


お知らせその2

たくさんの方々に来ていただいた、銀座桜ショップでの
“欲しかったもの出来た”展。
無事高松三越展も終了いたしました。

そして今まで出一番大きな規模で、大阪、梅田阪急デパートで
巡回展が開かれます。それに向けて、それぞれのメンバーは、新たなアイテム作りを進めています。
僕もさらに稼動式テーブルや、石灰岩のおもしろアイテムを進めています。
間に合う、、、、、、か、、な?
きっと間に合わせてくれると思います。
各メーカーさんたちのも今まで以上に必死です。
是非ご覧ください。

あ、そうそうなんと!各メンバーのトークショーもあります(笑)
何をしゃべれば、、、。
やっぱりネタをしっかり仕込んだほうが、、。

ちなみに僕と三谷さんは、18日です。


それよりもそれまでに新製品開発、間に合わせないと。
今日は奥澤さんに続いて、午後からはその6jo打ち合わせ。
高松の槇塚鉄鋼さん、いきなり宿題一杯お土産で申し訳ない。
あと一月、死ぬ気でがんばってね♪(笑)。
大丈夫!何とかなるよ。←(無責任ないいかた。)
いいものが出来てくると期待しています!


posted by 前川秀樹 at 21:56| Comment(2) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

パウルクレー展終了

P1010006-1.JPG P1010013-1.JPG P1010015-1.JPG P1010023.JPG P1010038.JPG P1010047.JPG P1010049.JPG P1010054.JPG

ブリキ星オモエパウルクレー展が終わった。
来てくださった皆様。どうもありがとうございました。
おかげさまで好評のうちに終えることが出来ました。

高知展は
19日からです。高知の皆様どうぞ宜しくご高覧のほどを。



posted by 前川秀樹 at 21:17| Comment(1) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

搬入

2.22 (5).JPG

 昨日は西荻窪ブリキ星でパウルクレー展の搬入展示作業。
毎度のことながら、安藤さん、林さんと3人集まって。
おしゃべりしながらののんびり作業。
当日まで誰がどんなものを持ってくるのかは、お互い誰も知らない。
ギャラリーも知らない。

荷物のふたを開けて、
梱包をといて、
みんなで「ほうほう、なるほど。」「交換する?」

今回は林さんがわりと、ストレートに正面からパウルクレー。
僕と安藤さんは、斜めから横目に見ながらの変化球パウルクレー。
ふたを開けてみれば
いつもと逆のパターンになっておもしろかった。

展示作業も早々に終わり、後は初日を待つばかり。
基本的に安藤さんは有名な雨男のようで、搬入、初日と雨を覚悟していたが
どうやら今日はお天道様は機嫌がよさそうだ。
そのお約束の雨の代わりに?昨日、

関東では春一番が吹いた。

写真は少し前、やはり今日のような春の日に撮った、
霞ヶ浦のじゃり採取のはしけ。
アジアっぽい風景。

posted by 前川秀樹 at 09:34| Comment(3) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

2006年度、上半期の予定。

いまさらながら、今年2006年の予定をアップします。
今年は前川秀樹としての活動が中心になるようです。


2月10日(金)〜19日(日) 「欲しかったモノできた」展 
銀座桜ショップ。四国高松で昨年から行われてきた、9人のモノつくり、完成しました!
お披露目展です。

3月7日(火)〜15日(水)  「オモエ パウルクレー」展
ギャラリーブリキ星 東京西荻窪。安藤雅信 林みちよ 前川秀樹による“オモエシリーズ”
第3弾!それぞれのパウルクレー。

3月19日(日)〜26(日)  「オモエ パウルクレー」 高知展 
アトリエエムツウ 高知   出品作家は同じ3人ですが、出品作品内容は東京展とは若干違います!

6月26日(月)〜7月8日(土)  「背景を探る」 3人展、
ギャラリーなつか 銀座   現代美術を扱うギャラリーでの企画展示。僕は立体的な作品を出品予定していますが、まだ未定です。

6月下旬  個展
ギャラリービエニョ 名古屋。平面を中心にした前川秀樹個展。素敵な広い空間での展示です。のびのびした感じの空間を作りたいですね。

8月下旬  ドローイング小品での個展。
アトリエエムツウ 高知  高知での平面作品の展示は初めてです。広い空間ではないので、少し小さめのドローイングがそろいます。

10月下旬  “ひとがた”個展
DEE’S HALL 青山  ひとがたや動物はもう15年も前から木で彫り始めました。
ずいぶん作ったように思いますが、まとめて個展で発表するのはそういえば初めてです。
乞うご期待です。


上に挙げたのはあくまで予定ですので、変更もありえます。
展覧会情報はその都度、詳細がわかり次第アップしていきます。

前川秀樹と前川千恵、二人で生活道具を作って発表展示することを通称「ロロカロ展」
と呼んでいます。
 
昨年は3回もあったロロカロ展、こうしてみると、今年は一度もないんですね。
少し寂しい感じもしないではありませんが、
次の機会まで、作りためていきたいと思っていますので、
楽しみにお待ちください。


 


posted by 前川秀樹 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。