2016年12月07日

呉逍遥

 九つあるという嶺の一つから眺めると、
足元の先の裾野は常盤緑からいつしか黒鉄の地面へと変わり、
やがて穏やかな瀬戸に曳く小舟の淡い青の航跡へと繋がっている。
不思議なグラデーションで彩られた眺め。
懐かしい街。


PC050223.jpg



PC020038.jpg



PC020046.jpg



PC050251.jpg



PC050221.jpg



PC050252.jpg



PC050259.jpg



PC020095.jpg



PC020049.jpg



PC030100.jpg



PC020058.jpg



PC030097.jpg



PC020037.jpg



PC020030.jpg



PC030151.jpg



PC030155.jpg



PC020034.jpg



PC050240.jpg



PC050238.jpg



PC050228.jpg



PC050263.jpg



PC020072.jpg



PC020078.jpg


PC020062.jpg


PC020063.jpg


PC020028.jpg



PC030103.jpg



PC010019.jpg


PC010013.jpg



PC020093.jpg




鋼、黒鉄、鉄錆それと旨い魚、
瀬戸と水兵さんたち。
先の戦と職人魂
戦艦とB級グルメ
ここにしかないものがたくさんあった。

ちょうど今公開中の映画の舞台にもなっている。
どこも絵になるちょっと異国のような眺めの呉。
今度来るときは写真器片手にゆっくり歩きたいなあ。
護衛艦にも乗船してみたいものだなあ。


posted by 前川秀樹 at 00:27| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする