2016年11月16日

ルビジノご挨拶と追記

PB120004.jpg


 先週、木枯らし一号も吹き
ようやく平地の木々が色づき始めました。

10年以上使ったパソコンにいろいろ不具合が生じ始めたため、
新しくしたらもう勝手がまるで違う。今度は人間に不具合が生じていたのですが
ようやくブログの更新ができるまでになりました。

さて、10年ひと昔といいますけれども、
約10年細々と続けてきました霞ヶ浦ぞいの小さなセルフギャラリー
バトー・ルビジノ、
先月ブログにてお知らせしていたとおり、11月の8日に無事終了いたしました。

最後にもう一回、とわざわざ訪ねてくださった常連さん方の他にも、
最後と聞いて、滑り込みで初めて訪れました。というお客さんも結構いらしてくれました。

始めた当初はすぐそばの県道ぞいにもバスが通っていましたので、
なんとかJRの駅から辿り着くこともできた場所だったのですが、
途中からそのローカルバス路線も廃止となり、
住所を打ち込んでもグーグルマップに表示されなくなり、
名実ともにロストワールドのような遠いスポットでした。

にもかかわらず、時には駅近で自転車を借りて、時にはレンタカーで、
タクシー相乗りで、知り合いの自家用車に乗り込んで、なんと土浦駅から徒歩で3時間かけて、
と、様々な手段でポツリポツリとやってきてくださる方は不思議と毎月途切れることはなく、
そして、そうまでしていらしてくださる方々は、
(大変失礼ながら)どこか変わっていらっしゃる(笑)
もとい、大いにユニークで行動力がおありになる。
僕は毎月の4日間、いたりいなかったりだったのですが、
あの場所での、会話の楽しかったこと。
決して多くはありません。
しかし実に得難い貴重な出会いに恵まれたと思っています。

なんの宣伝もしない、沈黙の待ち伏せ方式は意外にも
大変興味深い方々との出会いに功を奏したと
言わざるをえません。

10年分ですから、なかなか感謝を個々にお伝えすることは難しいのですけれど、
この場にて改めて深く感謝をお伝えしたいと思います。

いらしてくださった方々、通ってくださった方々、
よそ者を温かく迎えてくださった、ルビジノご近所の方々、
わがままに場所を使わせてくれた持ち主のoさん。
お会いできて本当に良かったです。
みなさま、どうもお世話になりました。
心から感謝いたします。
ありがとうございました。


バトー・ルビジノは鉄錆色の小船という意味です。
そちらにも、お役目ご苦労様でした。
どうもありがとう。



追記
さて、来月 12月のことになりますが、
ルビジノを年内に片付けなかればなりません。
というわけで、そこで使った備品などを整理したいと思っています。
バザーというかフリマというかまあそんな感じのをやりたいと思っています。
多分二日間くらい。
それが本当に最後ですね。

またそれにつきましては、日程とか時間をまたブログでお知らせいたします。

興味のある方は、また霞ヶ浦湖畔の道を通って、
頑張ってたどり着いてくださいませ。





posted by 前川秀樹 at 16:36| ルビジノ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。