2016年10月16日

初冬の津軽 その1

tsugal 1010 (13).JPG


また林檎の国津軽までやって来た。
もはやナニモノカに取付かれているとしか言いようがない。
前に来たのは初夏。林檎の花が終わりかけていた。
景色は一変。
たわわな赤果の隙間をつめたい風が吹き抜けている。



tsugal 1010 (25).JPG


残念ながら天気には恵まれなかった。
秋の空と冬の空が入れ替わる丁度今週はその端境期といったところ。
毎日晴れとにわか雨。かと思えば霰が地面を打ちつける始末。

岩木山もなかなかその全容を現してはくれない。

tsugal 1010 (68).JPG

何処を見ても林檎リンゴりんご。
無人販売所もあちこちに。3個で100円。
産地なんだなあ。


産地だからこんなのも売っている。


tsugal 1010 (79).JPG

各農家さんが作っているのだろう。
美味しい、が甘い。ほんとの100%ってこんななのか。
ジュースとしてよりはシロップ的な使い方が合いそうだなあ。


他にも道の駅はにぎやかだ。


tsugal 1010 (76).JPG

お土産とか、お昼の食料を物色中の二人。


tsugal 1010 (80).JPG


可愛い。何だろうね、巻き寿司?

幸い雨は上がったので浜に出てお昼にしようかね。


tsugal 1010 (91).JPG

tsugal 1010 (93).JPG


人っ子一人見当たらない海岸。
寒いー!
早く食べないとご飯もなにもかもうっすら砂をかぶり始めているよ。
そして、豆おこわも巻き寿司状のものもいなり寿司もキャベツを巻いて甘酢に漬けたものも、
全部甘い。
まあこれはこれで美味しいけれども・・・。

ああでも、今夜はスウィーツじゃなくて熱々の何かを食べることにしよう。



tsugal 1010 (106).JPG


やっと岩木山見えた。



tsugal 1010 (116).JPG


そうそう、こんな感じが欲しかった。
五所川原の居酒屋「釣吉」

魚がおいしい。味付けもいい。盛りがすごい。でおまけに安い。
定番のお造り盛り合わせから
ホタテの大きな貝殻を皿にして、味噌とか出汁とかとき卵とか、を混ぜて焼く
貝焼き味噌。ここのはアワビが入ってた。
さんまの揚げ浸し。
鰺のなめろう。
サービスにスズキの頭の唐揚げを出してくれた。
etc・・・・・・

油断してた。
テーブルから皿がはみ出てしまった。
どれも白いご飯との相性抜群に違いない濃いめの北国の味付け。
なのにご飯ものまでたどり着くことはとうとうできなかった。
こういう場所では、まず3品くらいたのんで様子を見るのがいいんだな。
誰も止める人が居ないんだもの。
3人しかいないのに。

日本酒にはどれもぴったりだったな。
さて、暖まった。
今日はこれまで。また明日。




posted by 前川秀樹 at 16:22| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。