2015年04月07日

husk

img024.jpg

img025.jpg


僕の制作や搬入など、もろもろの
手伝いを、もう長いことしてくれていた滝下達君が
初めて 自分の個展をすることになりました。

彼の最初の出しものは、ガラスの器です。
しかもこのガラス、全て、もと白熱球。

LEDの光に押されて、フィラメントの光は程なく
私たちの前から消え去ってゆくでしょう。

そんな白熱電球の器を彼は「光の抜け殻」と呼びました。
ぬう、なんともシャレオツな。

彼の住まい件作業場は 僕のうちから歩いて1,2分のところなので、
ここ1年ほどは、
ちょくちょく制作過程を見せに来たり 
見に行ったりしていたのですが
その試行錯誤、廻り道の奮闘ぶりはなかなかの見ものでしたよ。
会期中には作家を囲んでのお話会もあるようです。

緊張の初個展、ご興味の方は是非。


4月13日(月)〜18日(土)

ギャルリワッツ。

12:00~19:00 最終日 17:00 まで。


です。



posted by 前川秀樹 at 08:05| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。