2007年05月13日

芸術の理解について(1)

きみちゃん.jpg

キミちゃんは、ルビジノ小屋のおとなりにすんでいる。
小屋庭と、キミちゃんの家の畑が垣を隔てて接している。
キミちゃんと呼んでいるけれど、
僕は彼女の苗字は知らない。
彼女は僕の名前も知らない(と思う。)
時々、外にいる僕を見つけては、

「おにーさん、おにーさん!春菊持ってく?今とってやるから。」

キミちゃんの話し方は、ぽんぽーん!っとテンポがいい。

垣を隔てた畑からその場で収穫して野菜を分けてくれる。
美味しくてありがたい。
これまでも時々はぼくも自分がここでなにをやっているのか、
話したりすることはあったけれど、
中まで見に来てくれたのは、このときが初めてだったのだ。

ひとしきり感心した後、
しかしまあ、期待にたがわず、
ぽんぽーんと
見事なオチをつけて来るんだよなあ。(笑)





posted by 前川秀樹 at 08:41| Comment(0) | 粗忽の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。