2014年12月24日

広島感謝

tamura 展示 (34).JPG


tamura 展示 (12).JPG


広島 ギャラリーたむらでの像刻個展 「antrogia」
12月21日に御蔭さまでご好評をいただき、
無事終了することができました。
僕は初日と二日目ギャラリーに立たせてもらいましたが、
お久しぶりのお顔、はじめましてのお顔。
今回も沢山の方々に暖かく迎えていただくことができました。
決して広くは無いギャラリーに満ちた、暖かい気に心より感謝いたします。
また、その後も今回は、観に来てくださる方が
最終日までそれなりに途切れずいらしたようで、その方々には
会場でお会いできず残念でしたが、
この場を借りて、お礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。

余談ながら、今回も
ピッツァ・リーヴァならびに、広島グルメを存分に堪能させていただきました。
いやあ、何処もなんでこんなに美味しいんでしょ(笑)
広島で身も舌も肥えてしまいます。

それから、4度目にして僕は初めて原爆記念公園や原爆ドームのあたりを散策しました。
鉛色の師走の空をバックにじっと黙して建ちつづける原爆ドームのあの躯を
なんて美しい、なんて言葉にしてしまっては不謹慎かなあ、
ひっきりなしに通り過ぎる外国の観光客の人々は
どんなこと思ってカメラのシャッターを押すのだろうかな、
なんてことを漠然と思いながら見上げて居たら、
ドームから張り出した鉄骨の上に、大きな白鷺が一羽ふわりと舞い降りて
地上の僕らにちらっとと一瞥をくれた後、
首を蛇みたいにくねらせて、うずくまりました。
まあ、それだけの朝の散歩だったんですけど。

ともあれ広島、また次回はどんな作品を携えて
皆さんにお目にかかることができるのか、
僕も楽しみにしています。
次は多分再来年、夏を目前の頃でしょうから、
山で虫採りもできそうですし(笑)
いやいや、展覧会″をがんばりますよ。

では皆様。またお会いしましょう。
ありがとうございました。




posted by 前川秀樹 at 18:46| 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。