2013年08月22日

awaji 2013 5 (11).JPG
2013.5 awaji


何だ坂、こんな坂。
汗だくでひいひい云いながら、登ってきた峠、
もう沢山。二度と登らない。
そう思っていても、てっぺんの眺めと、風を受けると
何事もなかったかのように、それまでの大変な思いははがれおちてしまう。

それが峠効果。
その爽快さのためだけにきっと山に登る。
でも、本当は、登りながらだっていろいろあるのだ。
味わっている場合か!
と、はき捨てないで、
いろいろな“大変”もできるだけ覚えていた方がいい。
下り道の味わいと、
平坦な毎日の糧のために。

一昨日の雨で、ほんの少し季節が切り替わったような気がする。
ようやくようやく、盛りを越えただろうか。
どうだろう。そうあってほしいけど。



posted by 前川秀樹 at 15:53| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。