2013年07月08日

わらわら

0705 (11).JPG

材料置き場に置いてあった桜の木。
長さが50センチくらい太さは直径15センチくらいかなあ。
そこから、先月末あたりから、
次々とタマムシが羽化してきた。
プラスチックの衣装ケースに桜材まるまるいれて観察していると
日ごとに羽化個体は増える。
現在9頭目。
タマムシは桜や榎の枯れ木が大好きで、そういう倒木に産卵する。
通常、卵から成虫まで3〜4年といわれている。
ぐずぐずしているうちに像刻を彫る前に先に掘られた。
材料は虫とも獲り合いなのだ。






posted by 前川秀樹 at 07:12| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。