2012年09月15日

北国行 その3

0912 (113).JPG

ちょっと林道に入ると、すぐにヒグマ出没注意。の立て看板がある。
彼らのエリアに一人でのこのこ出かけるわけなので、
用心のために鈴を派手にならしながら歩く。
がさがさというモノ音には心臓が跳ね上がることしばしば。
そんな心理状況で、こんな河原の風景に出合った、、、、。

0912 (109).JPG

0912 (111).JPG

0912 (117).JPG

0912 (138).JPG


0912 (9).JPG
                      

0912 (146).JPG

0912 (144).JPG

0912 (10).JPG


命名、殺傷河原

林道からのぞきこんだとき、
転がっているのは白い流木に見えたけど、
よくよく見たら全部鹿の骸やされこうべ。
なぜこんなに固まって?
わけもわからず、ぞっとした。
しかし、落ち着いて水辺まで降りて、
しばらくそこに立っていると。
ただよう静かな死のにおいが不思議と絵になる。
雨も少しの間小休止の様子。日暮れまで沢山の写真を撮る。
帰り間際に頭骨を一つ拝借。
新聞紙でくるんで、持って帰ることにした。

累々たる死骸の訳は、落ち着いて考えれば、
熊の食事の跡などではなく、
猟師の狩った獲物の解体現場。
それが正解答だろう。
骨が若い個体ばかりなのもそれでうなずける。
そりゃそうだ。

程よい「謎」との出会いが収穫。












posted by 前川秀樹 at 07:23| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。