2012年09月14日

北国行 その1

4年ぶり3回目の北海道
魅かれ焦がれる地。
なのに、
まったく仕事抜きの旅は今回が実は初めて。
ちなみに前回はこんな感じ


0912 (154).JPG


今回は最初から最後まで川また川。
とにかく川がすばらしかった。
宿は日高にとった。、
南北に流れる一番大きな河は沙流川。
大きな河、小さな川、流れこむ無数の沢。
そのどれにももちろん名前は付いているけど、
支流の沢にはいまも漢字は当てられておらず、
地図も案内板もカタカナ表記だ。
沙流川沿いにもチロロ、ベンケヌーシ、シドニ、スクシュベツ、等々。

雨のたびに削られ形を変える龍のような流れのほとりで、
やや不思議な気分になる。
ヤマト民族とは根底から違う文化の根ざす場所。
川と人の関係もまた全然違う気がしてくる。

何というか川が飼いならされてないんだな。
人と対等というか。

0912 (142).JPG

0912 (19).JPG


ちなみにこれが今回の一番気持ちのよかった河を見下ろす場所。
沙流川の南支流であるチロロ川。ここは漢字もある。千呂露と書く。
チロロとはキロロアン(面白い、興味深い場所、)からの転嫁とされるが詳細は分からない。
かつてサケが面白いように獲れ、上流へ登れば鹿が愉快なほど狩ることができた。
との説もある。
ちなみに沙流川のサルはアイヌ語では、葦の生い茂るところ。という意味だ。

うん、見下ろしていると、心なしか、気持がすかっとしてくる。

4日間すべて雨でどこも増水して、泥の色にうねる川。
ここには2度行ったけど、不思議とここに立つときに太陽が顔を出す。
水もここだけ青い。

こんなにきれいなのに却ってそのことがちょっと怖くなる。
川に対して、決して不敬を働くべからず。
そんな気分。                  











posted by 前川秀樹 at 20:19| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。