2012年07月18日

ダメダメな味。

2012071110380000.jpg

しばらく使ってなかったカバンで、久しぶりに東京に出かける。
多分数カ月ぶり。
カバンの底を探っていたら出てきたのがおなじみフリスク。
まだ入ってるかな?と振ってみると、
カラカラという音じゃない耳慣れぬ音がした。
なんかコトコトいう。
かすかな疑念を抱きながら
そっと開けてみると、
ぬ!?大っきい。
容器の口をスライドさせて振っても引っかかって出て来ない。
仕方がないので容器を全部開けてみてぎょっとした。
ぬう、しゃらくさい。なぜ全部でっかい?
形もどことなくシャープさを欠いて不揃いな感じ。
事件だ!
中身が全部何者かによって別物とすり替えられている。
ちなみに写真は状況証拠1、正常なそれと比較したもの。
僕のカバンの底のフリスクケースの中身をわざわざそっくり入れ替える
おちゃめな犯人の影が?動機はなんだ?

いや、いや いや。その辺でカムバック自分ー。

それにしてもそうかー、フリスクってちょっと見ない間に
こんなにもすくすくのびのびと育っちゃうんものなんだ。
湿気を栄養に。
もしかしてフリスクって粘菌とかキノコ類に通じるタチ?
おなかで働くガテン系なんとか菌?

で、まあ食べて見た。
よせばいいのに。

「どうですか?」
と関君。

うーん、これは、なんというか、例えるのが難しいけど、
食感とかかつてのミント味とか、ほどよく醸されて、変質して、
そう、強いて表現するなら、
明らかに

ダメになったフリスクの味。

これだけのことを、
梅雨真っ只中のミスターユニバースのスタジオで
わざわざ営む無意味。
平穏だなあ。



posted by 前川秀樹 at 21:19| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。