2012年01月24日

つるつるばきばき。

0122 (5).JPG
0122 (7).JPG
0122.JPG
0122 (3).JPG


まれに車が通るたびに、ばきばきばき〜。
奇妙な音がするなあ、とおもって夜中に目が覚めたら、
凍結した雪をタイヤが踏み割ってゆく音だったのね。

このあたりは雪の量は大したことなかったみたいだけど、
長雨から続いて微妙に冷え込んだおかげで、
道路がすっかり、氷と雪のミックスでコーティングされている。
朝の散歩でもチャイもつるつる足を取られる。
雪混じりに凍った路面は、
丁度堅いせんべいを踏み割っているような感覚を覚えて、
これがことのほか足裏と耳に心地よい。
癖になりそうなほど。

久しぶりに珍しい朝の風景。
なにより日差し。
同じ冬の風景なのに、
垂れ込めた重たい鉛みたいな雲や、木枯らしに舞う枯れ葉に比べて、
不思議と寒々しさや陰鬱さは和らぐ。

でも今日ちょっと車で出かけなきゃならなかったんだけど、
午前中はちょっと怖いな。
ノーマルタイヤだし。



posted by 前川秀樹 at 08:49| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。