2011年07月19日

灯火に寄る人と虫

0718 (28).JPG

翌日、昨日の温泉から、20分ほど車を走らせた某キャンプ場。
ここでいつものオガワコーキさん一家と合流。
今回は小川ツマも一緒。

県道からちょっと入ったところにこんないい場所が。
沢を所々堰き止めて、イワナやヤマメを放流していて、
釣り堀みたいなこともやっている。
水温は11度。
そりゃ涼しいわけだよ。
キャンプ場の受付棟には食堂もあって、おばちゃんが一人で厨房にいる。
こんなところで。というのも失礼だけど。
そこそこちゃんと定食とかもあって美味しい。

キャンプの目的をはっきりとさせるため、
バーベキューとかは無し。

食堂で夕食。
鹿のネギみそいための定食。ボリュームもあって美味しかったなあ。
ビールにぴったり。



そう目的は、虫キャンプ。
去年から待ちに待ったライトトラップ。
小川さんちのぼーず、ダイキ、ヒロキも期待満々。

0718 (24).JPG
本部。さあ、どんな珍虫もどんと来い。

0718 (14).JPG

0718 (23).JPG

夕食も済ませた。風呂は近くの温泉につかった。
さあ、点灯。同時にものすごい数の蛾、蛾、蛾。


0718 (9).JPG
でも、30分たっても子供達の待望のミヤマクワガタは来ない。
大人たちの待つ獲物はまた別。
でもそっちもあんまり来ない。
期待が大きすぎただけに、ちょっと期待外れの大人。

0718 (19).JPG

美しいオオミズアオは別名 月神アルテミス。これは沢山来た。

0718 (22).JPG
影絵みたい。

結局10時まで頑張ったけど、
ミヤマクワガタのメスが1匹。アカアシクワガタの小さな雄が1匹。
残念。
なに、気落ちすることはない。
今まで見た事のなかったコガネ虫やカミキリなんかも来て、
それでもそこそこの収穫は有ったのだ。

昼間には、ダイキがオオムラサキやカラスアゲハをしとめた。

でもなあ、、。

キャンプ場の管理のおじさんに聞くと、今年は子供たちのアイドル
カブト、クワガタ。ものすごく少ないのだそう。
遅れているのか、たまたまなのか。

うーん。

やっぱりリベンジですかね。前川さん。

と、コーキさん。
うむ、どうやらそうするしか気がおさまらないな、これは。

0718 (18).JPG

夏はまだまだこれからだ。
またやろう。









posted by 前川秀樹 at 20:26| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。