2011年07月19日

避暑清流。

0718 (6).JPG

 うちにだって一応エアコンはある、けど、ほとんど使った事がない。
仕事場が1階にあるので、日中の外の暑さを多少軽減できるのと、
もともと夏が暑いのは仕方がない、と僕が諦めているからだ。
確かに暑さで仕事のペースもぐっと落ち込んで、
休憩してばっかりだけど、
それも仕方がない。
異常異常と騒いだってなあ、、。

エアコンはもっぱら老犬チャイのために少しだけつける。

とはいえ、天然のクーラーにかなうものはない。
ということで、今日は山に泊まりがけでちょっとだけ避難。
それを避暑というのか。

場所は栃木県某所。あと少し北に行くと会津。
深い谷、沢の清流で冷やされた気に勝るものはない。

0716 (34).JPG

老体に鞭打って、チャイも頑張る。
普段はよたよたしているのに、不思議と水につかると、しゃきっとする。
犬に見えるけど、実はその正体は水の生き物なんじゃないだろうか。

その日は沢沿いの温泉宿で一泊。
携帯も圏外。
政界の陰険極まりないいじめやバトルロワイヤルも、
今もじわじわと毒され侵され続けてゆく大地も人々の暮らしも、
こんな清い流れをみていると、一瞬忘れそうだ。
どこに行ってもこんな清流に出会うことができるのが、
日本なんだよなあ。

水に流す、浄化する。
いろいろいっぺんに流れてしまえばいいのにな。
とも思いたくなる。

しかし栃木のこの山奥もまた、被災地だ。
宿の仲居さんから話を聞くと、
地震そのものよりも、原発の風評被害で客足は激減しているという。
やはり地続きなのだと知らされる。

せせらぎをすぐ下に望む平家落人の温泉露天風呂。
いい湯だった。
セシウムがなんだ!
こんないいところに、遠いところからケチをつけないでほしいよ。




posted by 前川秀樹 at 19:52| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。