2010年04月03日

広島像刻展折り返し。

広島 (21).JPG

広島、ギャラリーたむら像刻個展、
折り返しを迎えています。

広島 (51).JPG 広島 (49).JPG 広島 (41).JPG 広島 (35).JPG 広島 (34).JPG 広島 (31).JPG 広島 (24).JPG 広島 (17).JPG

僕にとっては初広島。
個展どころか、なぜか訪れたのも初めて。
広島は大都会でした。

ギャラリーたむらはまたその真ん中にあります。

アクセスのしやすさと、オーナー田村さんの事前の宣伝効果も相まって、初日は混雑でした。本当におかげさまなのです。
遠く東京から、名古屋から、大阪から、前日入りした方もずいぶんいらしたようで、11時オープンなのに、早くからのぞきにきてくださる方のそわそわ感が、より緊張を高めてくれました。

熱気。緊張。

そんな言葉がぴったりのスタートダッシュ。
ゴールポスト付近で待機の僕は、
いつものようにちょっとこわかったのですが、
ずっと待っていてくださった方々の期待と
喜びの言葉の端々を受け取るたび、
厚い感謝は募るばかりです。

同時に僕は今回の子供たちとはこれでお別れです。
そこのところはちょっとさみしい。

おかげさまで作品はすべて間もなく縁組が決まりました、
僕もギャラリーもホッとした気持ちと、今回は縁のなかった方への申し訳ない気持ちと、いろいろと複雑です。

とはいえ、展示自体は11日まで続きます。
熱気や緊張感の和らいだ空間で、
じっくりと向きあいたい広島市近辺の方々は
ぜひ何度でもいらしてください。

もちろん像刻本「VOMER」もおかげさまで好調です。
そちらはまだまだ会場にて販売中ですよ。
サインも入ってますよ。(笑)

残すところ1週間ちょっと。
皆さまよろしくご高覧下さいませ。





posted by 前川秀樹 at 17:11| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。