2009年12月27日

御礼!ウルゲル終幕。

1226 (82).JPG

お祭りが終わりました。
ほぼ毎日僕自身も会場に立ちましたが、こんなことも初めてです。
沢山の人たちが、この場所を通り過ぎて、また再び3たび立ちよってくださいました。
物珍しそうに像刻の顔を長い時間覗き込むさまや、
本、VOMERを手にとってくださった方たちの顔を見ていると、

街道や文化の交わるところ、雑踏、異文化への驚き。
交わされる言葉。

この東京の小さな場所が、まさに、今回僕がイメージしていた
、中央アジアのどこかの町の片隅の風景のように思えてきました。

1226 (59).JPG

1226 (72).JPG

1226 (53).JPG

1226 (51).JPG

1226 (43).JPG

1226 (32).JPG

1226 (20).JPG

1216 (18).JPG

1216 (47).JPG

手間暇かけた「術」のかけがいがあったというものです。
お会いできた方、お話しできた方。
いっぱいいっぱいで涙目で外のベンチで放心なさっていたあの方。
サインを入れさせていただいた本を手にお帰りになられた沢山の方々。
ずっと思いを募らせて、とうとう像刻作品を今回求めてくださった方々。

そうして何よりも、ヴォメル、ウルゲル。
双方のために、準備からずっと携わってくださった方々。
それぞれの立場から、最大限の力でお祭りを盛りたてて、
自ら参加してくださったこと。
これは何よりも代えがたい宝物です。

皆さまとの出会いと期待とお心遣い、そして御助力に
心より感謝をいたしたいと思います。

大きなお祭りが終わって、がらんとしたギャラリー。それに土浦のアトリエ。
ふと見るといまだ手つかずで転がる樫の木の丸太。

また彫らねばなりません。

次回は2010年 広島。
そして2011年、再び DEE'S HALL

が控えています。
次回はどんな 「術」を携えて皆さまに相まみえることになるのか、
正直僕自身未知ですし、楽しみでもあります。
何が埋まっているのか、
こればかりは掘ってみなくちゃ分からない(笑)。

御無礼ながら、
当ブログにて、御礼に代えて発信させていただきます。

心よりありがとうございました。





posted by 前川秀樹 at 11:52| Comment(2) | 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
広島で鍛冶屋をしています。
先日東京へ行ったのに1週間前だったため展示会へ行けず残念な思いをしていました。
広島で展示会を開催されるとのこと!
とても楽しみにしています。
場所はどちらで開催されるのでしょうか??
ぜひともお伺いいたします!!
Posted by 友紀 at 2009年12月28日 07:46
はじめまして、西瓜堂と申します。今回、初めて直に作品を拝見する事ができ、本当に嬉しく思います。ゆっくりと流れる時間の中、どの位の間、眺めていたのか・・異国の言葉の優しいBGMは僕が20才の時に訪れたウルムチの街角を思い起こさせました。その間、心だけ何処かへ運んでしまったと感じます。また作品に会える日を首を長くして待っております!
Posted by 西瓜堂 at 2009年12月28日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。