2015年09月25日

秋木偶募集開始!

0921 (22).JPG


お待たせしました。
恒例、秋の木偶講座、Vol.17 参加者募集開始のお知らせです。

参加者募集開始は

9月28日(月) からです。

DEE’S HP evenntにお申込フォームが、28日にアップされますのでそちらからどうぞ。


日時:10月17日(土)18日(日)
 
場所:東京 青山 DEE’S HALL


初めての方へ:
木偶の棒を作る講座は、伐採された木の枝を小刀、鑿、彫刻刀で彫り刻み、
木偶をこしらえる。というものです。
初めての方でも大丈夫です。基本的に刃物初心者のための講座です。
興味をお餅の方、いやお持ちの方は是非、
この機会に思い切って参加してみてください。
土器さんの作るお昼ごはんも大変魅力ですよ。


念のためもう一度。詳細、参加募集こちらから⇒



ひんやりとした夜気に金木犀の香りが強くただよい始めました。
それが僕の場合秋木偶の合図。ああ、準備しなくては。
さて、今回はどんな木にしようかなあ。
課題はなにか考えた方がいいかなあ。
見本には今回どんなのこしらえようか。
皆さん、息災でお元気だろうか?

個展の制作の合間にそういう思いが少しずつ交じり始めて、
だんだんと木偶に傾いてゆくんです。

さて、ともあれまずは秋晴れを願いましょう。
10月17日18日、皆さん青山でお会いしましょう。
楽しみにしています。

*10月3日の時点で両日とも定員となりましたので、募集を終了いたしました。
お申込みありがとうございました。







posted by 前川秀樹 at 06:54| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

せめてもの収穫

0920 (2).JPG


 ひんやりと乾いた風に高い空、しかし超渋滞の秋の連休。
山では紅葉が始まっているという便りも聞いた。
うう、出かけたい、でも渋滞はいや。これはもう絶対にいや。
でもまあ近場でなら。

というわけで、いつものタキシタタツシを誘って、
近場の海の方へ出かけることに。誘い文句は、
「化石が出るかもよ」
そんなマニアックであどけない(笑)誘い文句で同道してくれる大人なんて
今のところ身近には他に心当たりがない。

0921 (7).JPG

しかし、

なんか見つけた?
いや、まったく。

程なくして二人の間では
そんな短いやり取りがすっかりテンプレートになってしまった。
重いハンマーを振るえども叩けどもめぼしいものは、
まったくなんにも出ないんだ。
めぼしいものとは、なんというかこう、はっと嬉しくなるような何かだ。
大きな貝とかアンモナイトとか、ほら。そういういいもの。
程よいインスピレーションがわくような・・・。
あーもー、テンション上がらない。
こんなに見つからないものかなあ。

0921 (5).JPG

0921 (2).JPG

んん!?こりゃなんだ?
何かの背骨?わからんなあ。何か、ではあるんだろうが・・・。
うれしいかっていうと、どうだろう。

0921 (15).JPG

結局、二人とも自然と途中から漂着物を物色して歩くように。
タツシのほうは漂着物のなかから、
なかなかの逸品の収穫があったようで。
よかったことです。

僕の方は、最初の写真のいしころが収穫かな。
二つはメノウ。
真ん中のえんじ色のは丸くなったチャート岩。
さほど珍しくはないけど綺麗でちょっと嬉しい。

僕の方はまあこんなもの。
結局テンションは上がらなかったけど、
海風と最後の温泉にはかなり癒されたかな。

でも重いハンマーを振るいすぎたせいで、
翌日、肩と腕が痛いの重いの(笑)

差し引きすると・・・・。
いやいや、こういうのは天秤にかけるべきではないのだ。

さて、今日もテレビで渋滞の映像を見て、
「大変そうだなあ」
と呟いて、
アトリエで鑿を振るおうかな。
あー、肩が重いー。

posted by 前川秀樹 at 17:37| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

9月ルビジノ

0828 (11).JPG


秋の入口。毎日不安定な天気が続きますが、
蒸す夜には未だラストスパートをかける蝉が、
涼しい夜には負けじと虫の声。

毎夜の窓から、
二つの季節のせめぎ合いの実況生中継が聞こえてきますよ。

さて、9月ルビジノは変則です。
前川千恵、来月の個展準備制作が押し詰まっているため、
短縮で二日間だけのオープンとなります。
ご了承ください。


9月 6日(日)7日(月)     オープンです。


蓮田はさすがに花がそろそろ終わりを迎えていますが、
先月、その蓮の花を丸ごと湯につけて、香りを移し、
それを冷蔵庫で冷やしてお茶にしてみました。
ほんのりいい香りで、これがまた涼やか。
開きかけのつぼみとか、湯にリカーを足してみるとか、
多分もっといい方法があるのだろうと思います。
来年また挑戦してみようと思います。

では今月もルビジノでお待ちしています。
posted by 前川秀樹 at 12:56| ルビジノ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

如何にも戦場ヶ原


0828 (108).JPG


 その昔、下野国(栃木日光)にある二荒山(男体山)の神と、
上州(群馬)の赤木山の神が戦った。

二荒山の神はオロチに、赤木の神は大ムカデへと姿を変え、
二荒山のふもと、中禅寺湖で激突する。

事の起こりは、美しい中禅寺湖の水の奪い合いだった。
国境をまたいで進撃する赤城の大ムカデ軍を
二荒山のオロチ軍が迎え撃った。
しかし、ムカデのあまりの勢いに、二荒山の神は圧倒された末、
本拠地二荒山麓まで敗走することになった。

敗軍となった二荒山の神のもとへ、常陸鹿島(茨城)の神からお告げがある。
援軍、奥州にあり。乞うべし。

二荒山の神は今度は白い鹿に姿を変え、
奥州(東北)へと援軍を要請。
弓の名手猿丸太夫を召喚することに成功した。

これが決め手となった。
猿丸太夫の剛弓が見事、大ムカデの大将の眼を射ぬき、
ようやく撃退に成功しましたとさ。


というのが、
奥日光 戦場ヶ原の名前の由来だそうだ。

 下野国、ムカデ退治とくれば、藤原秀郷、またの名を俵藤太を置いて他にないだろう。
平将門の乱において、下総国、猿島郡にて、
平将門を打ち取るという武勲で名をはせた武将。
その報償として得たのが、下総国使、武蔵国鎮守府将軍というポジション。

下野に深い縁のある人だったんだな。
こちらは、実在の人物、とされている。

史実をもとに、神戦の伝説が出来上がったのか、
もともと原形となった神戦の伝説があって、
そこに実在の人物や出来ごとをあてはめて
さらに勇ましく脚色され、伝わったのかは定かでないが、
両者にそれなりの関係性はあるのだろう。



0828 (89).JPG


 さて、話は変わるが僕は8月ずっと、ひどい50肩に悩まされた。
正確には 肩関節周囲炎 というらしい。要するに長年の使い痛みだ。

どうにも良くならないので、温泉にでも行ってみるかね。
気分転換程度でも。と思い立ち、
先週、一日、仕事を休みにして下野国までドライブに決めた。
長距離運転がきついので、運転は千恵。

0828 (56).JPG

0828 (51).JPG


0828 (75).JPG

癒されるコッツウォルズのせせらぎ。
と言いたいところだけど、ここは奥日光。

戦場ヶ原、このとんがってる名前がいい。

湿原の木道を過ぎるとミズナラやトドマツの巨木の森が広がる、
貴婦人の異名を持つ、草原にすっくと立つ白樺をながめたあと、
また駐車場へ。
伝説の野をぐるっと4時間足らずの長めの散歩。

うん、少なくとも気分はいい。
見晴らし。とは言い得て妙だ。
それだけで、凝り固まった体や脳が切り替わるのか、
雲が途切れて陽が差すように、
ちょっといつもと違う視点に切り替わる。

 ちょうど木道の途中に伝説の解説パネルがあったものだから、
ずっといろんなことが頭をぐるぐると廻っていた。
例えば・・・・。

 史実と伝説。
どう違う?
どちらも大昔の話だし、
考えたらそんなに違いは無いんじゃない?
いや、一方は今も証拠が残る事実で、一方はおとぎ話、創作じゃないか。
それは、全く別物だろう。
それはまあ、その認識で間違ってはいないのだろうけども・・・・・。

いやいや、でも、と考える。
共通する部分は有る。
どちらも、それを語り伝えたのは人なのだというところ。
文字で書き記そうが、口づてであろうが、
そこに、人の意図や願望や責任といった、
人間臭い虚飾がなかったということはできない。
その点では、記録も記憶も決定的な差異はない。

フィクションだろうとノンフィクションだろうと、
結局、物事を語る、すなわち物語、の形をとってしか、
ひとは、何かを後に残すことは出来ないのだろう。
 
 さすがに大ムカデやオロチとなれば、
はなから、なにがしかのメタファーで、ファンタジーなのだろうと、
察して読めるけれど、
突き詰めればどちらか判別付き難し、なんて如何わしい“定説”いくらでもある。
けれど、それを、ホントかウソか、事実か虚構か、
僕自身は詮索も検証も、
ほどほどで止めることにしている。
物語の嘘を暴くなんて、野暮天もいいところだし。
味わいがからからに干からびて、
興ざめになるのが見え透いた落ちだ。
だって、もうこの世には居ない人の話じゃないか。
真贋なんて結局分かるわけがない。
と、僕は開き直っている。

そんなことをつらつら思いながら、そのあとは、
強烈な硫黄臭のする、如何にも 効能ありそうな湯元の湯にゆっくりつかった。
足も使ったし、暖まったし、心なしか、肩の痛みは薄れたように感じられる。


そうそう、如何にも、という言葉は、如何物(にせもの) 如何いたしましょう? 如何わしい。
に通じるという。
どちらか判別つきがたし、という実に境界的な言葉なのだ。
だから、ここのキモは、
心なしか、の部分なのだろう。



ああ、ええと、そう、今日の目的はなんだっけかね?
ああ、気分転換。と、肩休めだったっけか。

どちらも、気のせい、とは言わないけれど、
気の持ちよう、でずいぶん具合は変わる。
良くなった、と意図的に思う事は大事だ。

興ざめ、ならぬ、湯ざめする前に帰るとするかね。














posted by 前川秀樹 at 23:48| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。