2014年11月18日

広島展「Antologia」お知らせ

1009 (9) - コピー.JPG


広島 ギャラリーたむら での像刻個展、いよいよ迫ってまいりました。

12月6日(土)〜12月21日(日)

展覧会タイトルは 

「  Antologia   」


短編集です。像刻作品30点+αが並びます。


在廊日は 6日(土)と7日(日) を予定しています。



5月の東京展が終わって、一息つく間もなく、
制作に取り掛かったにもかかわらず、
今回の着地地点を大きく見誤ったことに気が付いたのが10月半ば。
何で今になって気付くかな!と自分の胡乱さを責めたところで後の祭り。
いまさら大きな方向転換など出来ようはずもなく、
それでもなんとかならんか、と必死に方向転換を試みる毎日。
そんなわけで今現在、間に合うのか?どうなのよ!というほど焦っております。
全く余裕がありません。
今年の下半期は、思いのほかあれやこれやの用に時間を裂いてしまったとはいえ、
それにしてもなぜこんなふうになっているのか?

とはいえ、人間とことん追いつめられると、
思わぬ知恵や発想に恵まれることもしばしばあるもので、
むしろそんな時の方が、創作している。という実感を噛みしめられたりします。

あと10日あまりの追い込みで、思わぬ伸びがあるかもしれない、いや、きっとある。
と、どこかで未知の自分に性懲りもなく期待している今日この頃。

ともあれ、2014年の締めくくり。
1年半ぶりの広島。
どんな方々にお会いできるのか、どんなリアクションをいただけるのか、
大変楽しみにしています。

主に西日本の皆さま、よろしくご高覧下さいませ。

posted by 前川秀樹 at 19:58| 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする