2014年08月18日

廃屋妄想。

0811 (10).JPG
2014 chichibu


 廃屋とか廃墟という言葉がすっかり有名になってしまって、
なんだかスポットの地図やら、リストのようなものまで
ご丁寧にネットに散見出来てしまう時代になった。
興ざめも甚だしい。
優良物件との突然の出会いも、
こっそりひっそり眺めて浸り、そのことを秘する楽しみも
一気に半減してしまった。
こういうのは、誰かと共有して喜ぶ類の愉悦だとは思わない。

にもかかわらずどのサイトも、
堂々とつまびらかにデータを添付して、自らの冒険譚をひけらかす。
その一種の悪びれないほがらかさ≠ェ残念で仕方がない。
それが時代、なのだろう。

僕が学生の時には、やはりそういうのもの好きな輩が身の回りにいて、
情報はまことしやかにひっそり伝えられたものだ。
「あんまり誰にも云っちゃだめだよ」
禁じられた遊び的な、ほの暗くひそやかな楽しみは、
他人の土地に侵入するというイリーガルな罪の意識
がしっかりあったからこそだった。

0811 (7).JPG

0811 (15).JPG

0811 (12).JPG

人の姿や生活がそこからすっぽりと抜け落ちても、
その強烈な残り香や息吹の残滓はそう簡単に消えることがない。
時に洗いだされた生々しさは実にエロティックだ。
その残滓たちは、後の侵入者に対して無関心だ。
それらはただ、そこに残され漂っているだけで、
目的も意思も方向性も持たない。
無論攻撃性などない。
だから、侵入者は鑑賞者の立場を保つことができる。
鑑賞者は時としてそのありさまを美しいと思う。

映画なんかだと、多分、
遊び半分で探検する仲間の一人がメッセージを受け取ってしまうのがお決まりだ。

「ここに立ち入ったものを、呪う」

残されたサインは必ずそう解釈される。
美しいと思う、だけでは物語は始まらない。

もっとも、実際にはそんな事件は何も起こらない。
そのかわり
その過ぎてしまった時間を感じることで、想像力が発揮される瞬間には、
代え難いぞくぞくするような愉悦が潜んでいることも確かだ。


優良物件にはばったりと偶然出会い、
出来れば一人でひっそりと
堪能するのがいい。
そんなことはそうそう無いけど。


0811.JPG

おまけ。
写真の廃屋の傍で、実は事件はこっそり起こっている。
右上の3人。
真ん中の人、なんか変だよ。一体どうした。
のんきに手振ってる場合か?
気づけよ両側の二人。








posted by 前川秀樹 at 18:56| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする