2012年12月27日

住む、とzuhre

1227a (2).JPG

今朝はマイナス3℃。
住む冬号出てます。
今回は展覧会に準じてちょっと寒いお話。
二人の高校生が雪の森で出会った出来ごと。
「枝折りの森」
です。

ズフラ2、先行予約会場での販売含めまして、
ご購入ありがとうございました。
先行予約の方々には展覧会前にお手元にお届けすることができましたので、
持っていらっしゃる方には、
いかがでした?御感想は・・・。
と聞きたいけど怖くて聞けない。(笑)
みたいな会期中を過ごしました。
ほんとに緊張。
あの、今さらですけどいかがでした?
あ、いえやっぱりいいです。

ズフラ、ズフラ2 それからカード写真集カルト・コリエは
在庫があるうちは、引き続き信陽堂のHPから直接購入することができます。
今後は一部の販売店や前川の展覧会での購入も可能です。
増刷の予定は現在ありません。

とはいえ、そうこう言っているうちに、
すでにズフラ3の執筆に着手しております。
もっともっとうまくなりたいなあ、
表現力をつけたいなあ、
とのぞみつつ練習練習。
繰り返すよりほかにないのです。

彫るのもいいけど、
書くことの楽しさがようやく見え始めたばかりですので
皆さまどうか末永く、ほどよくぬるめのまなざしで見守って居てくださいませ。

posted by 前川秀樹 at 08:57| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

お礼まいりとか。

1227 (12).JPG

1227 (2).JPG

庭の掃除にも飽きたので、
というよりも今日は木枯らしが強すぎて、庭仕事を断念。
日本海側では大寒波だそうだから、こちらの冷え込みもまあ致し方ない。
なので今日は、今年一年のお礼参りに行くことにした。

鹿島神宮と香取神宮。
これに息栖神社を加えれば、有名な鹿島立ちとなるわけだが、
とりたてて立つ(断つ)ものも無いようなので、
今日は2か所だけ。
おりしも年末。
どちらも屋台の準備や石燈籠の拭き掃除。境内の掃き掃除、と、
新年を迎える準備であわただしい。
反面、こんな半端な時期にお参りする参拝客はほとんどおらず、
拝殿の前も閑散としたものだった。

今年一年無事に過ごすことができました。
来年も精進いたしますので、是非ともこのままお見届けくださいませ。
人ごみが苦手故、1月の初詣、新年のあいさつにはうかがうことができませんが、
旧暦のころ初詣に参ります。
多分。
そんなところかな。
と、柏手を勢いよく二つ。
でも音は今一つ響かなかった。
ちょっと失敗。

でも御神籤を引いたらば、大吉が出た。
僕は大吉や凶はほとんど引いたことがない。
ほぼ、中間のほどほどみくじだ。
なのに今日は!
おお、いいこと書いてある。
そうですか。このまま励め。と。
あ、これ、来年分ってことでいいんですよね。
いや、名目上は今年のお礼参りだけど、
御神籤選ぶときは、僕そういう気持ちだったもの。
いや、ほんとほんと。
後出しじゃんけんみたいでちょっとアレだけど。

あと、鹿島大明神様。
来年は
ナマズの頭を踏む足に、もう心持ち力を強めに込めていただけると
ありがたいのですが。
地震、これ以上はもういいです。
そちらばかりは、自力ではいかんともしがたいことですので。
どうぞ一つ。
ハイ、ぎゅっと。


posted by 前川秀樹 at 17:03| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

mama milk!のこと

1215 (39).JPG

mama milk! ライブ 「漂泊の森へ」

雪原を疾走する。
雪煙りをあげる。
約束。
どうしようもない焦り、孤独、不安。
信念。
時折コントラバスの弦が細く長いオオカミの遠吠えを奏でる。
真っ赤なアコーディオンの蛇腹が、
消えかけまた燃え上がる焔のように
可視と不可視の世界の境目を揺らめかせる。

降るような小鳥のさえずりや、
決して明るく朗らかなばかりでない雪解けがあって、
また森に、夜が来る。

ファミーユで6月に聴かせていただいた時には、
二人の姿は曲を奏でるオートマータに映った。
それが印象的だった。
その時と選曲ががらりと大きく変わったわけではない。
なのに
今回二人の姿は時折風景の中にまぎれて、見えなくなって
僕らをあてのない森の旅へといざなう音そのものに感じた。
本当に映画を一本みたような余韻というか。
なんにせよ、
お見事、でした。

僕には僕の展覧会のために広げていったイメージがあって、
ライブの時間はまた別の表現者による別の手段からの正直な返答。
そこにモアレが生じる。
こんなやり取りが成立することが、
コラボレーションのだいご味なのだろう。
こんな素晴らしい機会が実現するなんて、
ちょっと前まで思っても見なかった。
ストレートすぎてなんだか恥ずかしいけれど、
一表現者としてこの上ない幸せだなあ。と今思う。

清水さん生駒さん、
それと聴きにきてくださった皆様、
本当にありがとうございました。




posted by 前川秀樹 at 11:03| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

漂泊の森 終了

1214 (14).JPG

9日間にわたって開催された、第5回DEE'S像刻展 「漂泊の森」
おかげさまで昨日無事、最終日を迎えることができました。
沢山の方々のご来場。
また、勇気ある購入に踏み切っていただいた方々。
本当にありがとうございました。
この場にて、改めて感謝の意をお伝えしたいと思います。

1218 (51).JPG1218 (64).JPG1218 (6).JPG

2012年の年が明けてから、本展覧会の制作は進められ、
途中、
千葉 as it is のコレクション展、物語集zuhre 2の執筆など、
ちょくちょく間にはさみながらでしたが、
ほぼ1年間をかけて淡々と進められた展覧会準備でした。
実際に会場に毎日立っていて、自分の制作の跡を眺めながら
またお客様の、賛否両論の声を直接いただきながら、
少なからぬ反省と自画自賛と自分へのねぎらいを繰り返す毎日。
普段本当に人との接触に乏しい一作家にとっては、
刺激と消耗の両方が目まぐるしく入れ替わり、
やはり疲弊します。

本当は、こうやりたかった。
時間があればこうしたかった。
表現において言いすぎた言葉を取り消したい。
その場で次々と露わになってゆくそういった反省や後悔の言葉も
すべてはその場においては一切いいわけでしかなく、
ここで言ったら負け。(笑)
的な言葉。
それをたくさん飲みこみ過ぎて、胃痛胸やけ気味にもなります。

その、どうにももどかしく、穴があったら入りたいほどの恥ずかしい経験こそが
大きな学びの瞬間であることを
今回ほど痛感した展覧会は本当に久しぶりでした。
しかしそういった思いは、簡単に言葉に変え人に投げかけて、
解消してはならない類のモノだとおもっています。
それこそが、作家にとって明日への最良の施肥であるからです。
それはこちらの事情、というやつです。

次への課題が沢山浮き彫りにされました。
ああ、もっともっと励まないとなりません。
今日冬至
2012年をそういう思いで締めくくれたことは
僕にとっては大変に大きな収穫でした。

ご購入いただいた方々の作品は、
23日の梱包発送作業あと、順次お手元にお届けできる運びとなっております。
どうか今しばらくお待ちくださいませ。

年が明けたら、
心機一転。また、制作の日々が始まります。
次は6月、広島ギャラリーたむらの像刻展です。

西日本の方々。
2013年初夏にまた、新たな作品を携えてまいります。
お会い出来るのを楽しみにしています。

青山、DEE'S HALL での次回は再来年。2014年5月が予定されております。
が、まあ、あまり先のことを考えても仕方がありません。
とりあえず明日。また明日、とこつこつ頑張ります。

また会場でお会いできることを心より楽しみにしております。
重ねて、本展覧会に御助力、御来展いただいた方々に
改めて
ありがとうございました。

1218 (77).JPG














posted by 前川秀樹 at 20:36| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

漂泊の森 前半戦

1214 (30).JPG

漂泊の森、前半がそろそろ過ぎようとしています。
早いものです。
僕はこの3日ほどで、
多分半年分くらいの人数の方々にお会いすることができました。
普段いかに人に会っていないかと
個展の度に認識を新たにする思いです。

皆さま、近隣、遠方よりの御来展、本当にありがとうございます。


1214 (34).JPG1214 (26).JPG1214 (20).JPG1214 (8).JPG1214 (7).JPG1214 (38).JPG

像刻を通して人と出会って行くのは
本当にありがたし面白し、です。
いろんな方々の言葉や表情を受け取ることができるので、
ああ、コツコツひきこもって作ってよかったなあ、
と、僕は連日収穫の喜びを味わっているのです。

明日一日が終わると、
折り返し点。
一部展示替えを行います。
8点追加予定で、
これで、54点全部出そろいます。
日曜日の12時です。

さて、どうやっておけばいいんだろう。
ただでさえぎゅうぎゅうなのに。

明日一日考えよう。

日曜日からの後半戦も、引き続き皆さまよろしくお願いいたします。

posted by 前川秀樹 at 22:43| 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

展示作業終了ー。

漂泊の森 b (53) - コピー.JPG
「航跡」


漂泊の森。
展示作業終了しました。
今回は割と大きめの作品が多いせいか、
空間の密度が高く感じる、かな。
見ごたえは相当あると思います。

僕は今日展示作業していて、ちょっと頭が痛くなってきました(笑)

本日の展示作業関係者、僕と土器さんも入れてなんと8人。
ありがたや。おかげさまで、1日でどうにかいい形になりました。
明日、無事初日を迎えられそうです。

明日のお披露目スタートまずは45作品。

中盤でさらに8作品追加、もしくは一部入れ替えで、
最終的には総点数53点の予定です。

わあ沢山だ!

明日発売の物語集 「ZUHRE 2」そして「ZUHRE」
像刻写真集 「VOMER」 カード型コレクション写真集「CARTE COLLIER」 
「CARTE COLLIER ポスター。」
なども、会場でお取り扱いしています。

皆さま、
本個展、どうやら天気にも恵まれそうです。
2013年、締めくくりの像刻展覧会。
是非足をお運びください。

僕、前川はほぼ毎日、在廊の予定でおります。

posted by 前川秀樹 at 22:27| 作品発表、展覧会情報、等。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

ズフラ2 座談会

座談会 aaa.jpg

先日 ズフラ2の宣伝も兼ねて、制作者座談会をやろう、
ということになって、蔵前の関君のスタジオミスターユニバースまで出かけてきた。
公開ではなくて、信陽堂のHPにアップする記事としての座談会。
関君と僕、進行役は編集丹治君。

座談会.jpg座談会aaaa.jpg座談会 a.jpg

付き合いも長いので、つい分かっているつもり、になってしまいがちなことを
確認しながらの進行。
ついつい難しく深く潜リたくなるところを
ちょっとずつ押しとどめ、分かりやすく。平易な言葉で。
でも、なかなかそれが難しい。
特に像刻の制作について、になると、
ぼくは話したいことがいっぱいあって、困った。

でも、どうやら興味深い記事になっているようですよ。
何度かに分けてアップされるようなので、
まずは本の制作について関君パートから。

こちらから読むことができます
覗いてみてくださいませ。

先行予約引き続き受付中ですよ
今週はまだ大丈夫です。
滑り込みの方、お急ぎくださーい。






posted by 前川秀樹 at 18:55| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする