2012年07月27日

品定め

0726 (14).JPG


先日、家に来てくれた、お二人。
水戸でデザイン事務所、K5を営む甲高ご夫妻。
ルビジノにちょくちょく来てくださっているうち知り合いに。
この前は一緒にホワイト餃子食べに行ったよね(笑)。

で、このお二人が、このたび水戸にお店、
というかスペースを自らオープンし運営する事になった。
来月のオープンを目指して、只今開店準備佳境といったところだそう。
名前を PUNTO プントという。
もと美容室だった建物の一階をリフォーム。
ほうほう、写真見る限り
しゃれたファザードになりそうだねえ。
内装も、セルフで?
頑張るなあ。

それで、前川千恵のカバンを扱いたいというので、
在庫で今あるものの中からなら、ということで、
品定めに土浦までやって来てくれた。
さて、選ぶのってなかなか大変でしょう?

水戸の新スポット。PUNTO.
予定では8月オープン。
楽しみにしてますよ。



posted by 前川秀樹 at 20:12| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏草

0726 (26).JPG

0726 (22).JPG
写真 茨城県某所にて。

茨城でも今日は37℃越え。
連続熱帯夜。
とうとう恐れていた季節が来てしまった。
これはもう普通に日常生活、普通に制作活動できる環境ではない。
梅雨のころ、比較的順調に制作が進んでいたので、
お、今年はこのまま行けるか?元気なままで夏を越えられるか?
と夢見ていたのに、
やっぱり今年もこれではどうにも体が動かない。
せめて早朝から午前中だけでも集中して、
と意気込むがそれすら、気持ちが負けそうになる。
一向に進まない制作、無為に過ぎてゆく時間。
今日も無駄に過ぎてしまった、と、
くよくよぐだぐだ過ごしてしまうのだ。
ダメダメな自分を僻みながら。

ここはひとつ頭を大幅に切り替えて、
もう、8月いっぱいアトリエに入らない。
涼しいところでからだを養生しつつ、
普段できないことだけをやる。
秋から本格的に制作する。とか、
真夏の有効な過ごし方、いよいよ真面目に考えないと、
いかんですよ。
と、去年も多分言ってた。
でもそれがなかなか出来ない。

虫たちにはでも夏しかないんだよなあ。
幼虫や蛹で冬を越すとはいえ、
成虫になってからは、2度目の夏はないことも多い。
秋風に吹くころには、彼らの一生が終わる。
そう思うと、夏草の風景ってちょっと切ない。

そうそう、人間も
暑さを恨んでる場合じゃなくて、
今年の夏しか無い、と思って毎日ちゃんと過ごさないとならんのだね。
何をやるにしても本来は。
現実的には、そのことを時々思い出す程度にしか無理なんだけど。
それでも時々はね。





posted by 前川秀樹 at 19:53| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。