2011年11月19日

妹神

1116 (54).JPG


ずっと、いつかいつか、と思い続けていた神社。
静岡県富士宮にある富士山本宮浅間大社
全国にある浅間神社の総本宮で、駿河の国一宮。
御祭神は木花佐久夜毘売命(コノハナサクヤヒメノミコト)

僕はどうもこのお柱に御縁がある。

その日はご参拝目的半分、
残り半分は天気があまりによさそうなので、
最近うちに来た新しい車の長距離試運転。

1116 (22).JPG


富士山がご神体。だからここでは鳥居は本殿へ向かうものでなく、
間近に拝める、この美しい独立峰をフレーミングするためのもの。
あの富士山の8合目から頂上までが、この本宮の境内だそうだ。
え?あ。そうなんだ。先っちょだけ?
富士山のあの雪が積もっているところ、
ここの神社の敷地なのか。
富士山って漠然とみんなのものって気がしてたけど、
そんなわけないか。

1116 (3).JPG

とにかく明るくて開放的で、おごそかというより
拍子抜けするほど華やかな神社。
御祭神のありようがよく表現されている。

1116 (5).JPG

あっちにもこっちにも清流 湧水 天然水。
池にも鯉じゃなくて大きなニジマスが泳いでる。
やっぱり聖域の基本は“水”なのだ。
にしても、今年の災害は水、水、また水に尽きる。
年末になった今も。
ありがたく恐ろしい、潤い押し流す。
日本の信仰の基本はなのかもしれんなあ。


1116 (26).JPG

1116 (15).JPG

1116 (9).JPG

それからぐるりと富士裾野を時計回りに半周、
この国道139号線ってまた最高に眺めがいい。
改めて富士山ってどこから見ても本当に麗しい。

で、今度は甲斐の国へ。

1116 (30).JPG

富士吉田登山口にある、北口本宮富士浅間神社
本宮とはうって変わって、大木に囲まれうっそうとしていて、どことなく厳めしい感じ。

1116 (33).JPG

1116 (35).JPG


銀杏も見事。
こちらはこちらでなんとも自然の色合いの調和が素晴らしい。

同じ浅間神社でもまったく雰囲気は違う。
富士を挟んで駿河の国と甲斐の国、
その気質の違いみたいなものが多分ある。

1116 (44).JPG

1116 (49).JPG



神社から車ですぐ、忍野にある出口池。
ひっそりとある湧水の村をイメージしてたけど、
観光客結構多い。
それと自衛隊の富士演習場の砲弾の音が
ズドーン、ゴゴーン。て始終山に響き渡ってる。
初冬の寂しげな風景と、その取り合わせが奇妙といえば奇妙だ。

それにしても寒かった。
冬が始まった感じがしたなあ。
コノハナサクヤというくらいだから、
やっぱり桜の花の頃合いにもう一度お参りに来たほうがいいかもな。

帰りに中央高速から
外苑で降りて、
DEE’Sでやっている、上田快さんと亜矢子さんの石彫展をみる。
やあ、どうも、山梨で一緒に夏休みして以来ですねー。
このお二人の石は、いつも軽やかで温かい。
欲しくなる石彫刻ってあんまりないけど、
そこの微妙なところをチクチク刺激してくる。
むう。
展示がすごくよかったので、参拝の長い一日の
いい締めくくりになった。

 そういえばコノハナサクヤヒメの姉神は石長姫(イワナガヒメ)
妹はこの上なく華やかで美しくしかし短命、限りなく長命で盤石、しかし醜女の姉。
降臨したニニギノミコトに姉妹を差し出す父、大山祇神(オオヤマツミ)。
しかし妹は娶られ姉は返される。
それにより天孫族は神々よりもずっと短命になった。
記紀の中でも感慨深い有名なくだり。

華と石。
普遍的ないいモティーフだなあ。


posted by 前川秀樹 at 09:34| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

秋のいただきもの

1113 (3).JPG

1113.JPG

今月のルビジノに来てくださったお客さんよりのいただきもの。
栃木の梨、でかい!!
持ってきてくださった方が自ら作ってる。
普通のサイズの西洋ナシと比べたらこんな。
おまけに甘い。高級フルーツってこうなんだなあ。
本当に贅沢な味わいでしたよ。

と、もなか。
これもなぜか別の方から栃木の足利のもなか。
僕は昔からこれの大ファンなのだ。
よく覚えていてくださった。N君。
僕は別にもなかが好きなわけではなくて、
この古印もなかが好きなのだ。
しっかりと甘いつぶ小豆あん、一個が重い。
箱に沢山入ってたのに、写真を撮ろう撮ろうと思いつつはっと気がつくと
これが最後の一個になってた。


ごちそうさまでした。

posted by 前川秀樹 at 08:01| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

線量計



1026 (6).JPG

これが線量計である。
土浦市役所で貸し出しをしている。

最初手にとってみてなんだか拍子抜けしてしまった。
何この丸っちいフレンドリーな感じのデザイン。

だって、放射能というかガンマ線を自ら測定する。
そんな事態が日常に普通にあるとは思わないじゃないか。
研究者でもあるまいし。
そういう特殊な器具って、
もっとこうごっついというかいかつくて、
メーターとかつまみとかいくつもついてて。
あの、ガイガーカウンターという
ひれ伏さずにはおれない厳格で深刻なイメージ?
理科学実験器具みたいなのを想像してたのに、

なんじゃ!この山田電器で炊飯器の隣あたりで
ワゴンに山積みされて売っていそうなカジュアルさ。
押すボタン二つだけってなんやねん!
キッチンタイマーと役割の重みが違うやろ!?

こんなんで計る数値が本当に正確?

でもまあ、仕方がない。
突っ込みだしたらきりがない。


借りたのは、実はうちではなくて、
すぐ近所のヒロセさん家。
これは先月の末の話。
当グログでもおなじみのタツシがその日は家の周りの計測という重要ミッションをになっていた。

1026 (4).JPG


計測するタツシ。



1026 (2).JPG
家の周りの地図と詳細な表、それにナンバープレートまで用意して計測。

あー出ましたねー。
うーん、雨どいの下とかはやっぱりおもわしくないねえ。
そのあと返却予定時間までちょっと時間があったので、
僕のうちの周りも数か所測定してもらった。

あー。こっちもどうもなあ、、、、。

1ミリシーベルト超の数値だと、国は除染を進めているようだけれど、
どこもかしこも、よろしくない数値がこの丸っこいプラスチック家電の液晶に示される。
とある雨どいの下には水ガメが置いてあって、
中には金魚のキンちゃんが、
今も何事もなかったかのように泳いどる。
その周りの土の数値も、うわあ。
この水も当然まあ良くはないだろうけど。
キンちゃんのようすに異常があったら考えるかね。

予想通りとはいえ、数字になるとやっぱりなんだかだんだん腹が立ってくる。
そうかあ、例外なくここにも放射性物質ってやつが降り注いだのか。

あとで、文科省の相談窓口に電話をして訊ねてみたら、
丁寧に基礎知識から教えてくれた。

数値を言ったらば、
まあ、すぐに健康被害どうこう言う数値ではありません。
もし、気になるようでしたら、表土を1センチ程度削って、
その土を手の届かないところに埋めてください。
とのこと。
え?1pだけ?

手の届かない所って言われてもなァ、、、。
このあたりは3月20日あたりに降った雨で一気にそれが積もったそうだ。
空気中の浮遊濃度は今はほぼ計測されないほどになっているので、
一度除染をすれば、これから先これ以上堆積するようなことは
無いそうだ。

ちょっと胸をなでおろす。
汚染、とか被曝とかそれはどこか遠い話ではない、
自分たちがその対象なのだ。
それはよくわかった。
まあでも、どうしようもない。
小さい子供がいるでなし、
とりあえずこのまま現状維持かのう。

それにしても数字ってやっぱり怖い。
目に見えないものだから、
それまでは何となく概念でしかなかった、放射性物質なんてものが
その安っちい液晶画面で一瞬で実態を持った。
またむかむかしてきて機械にあたりたくなってくる。
機械に罪はない。緊張感のないデザインにもまあ罪はない。
いずれにしろ、
僕の中でその“前”とその“後”では、もう見慣れた地面は別のものになったのだ。

ためいき。

もうこれ以上詳しく計るのは止めよう。
それだけで病みそうだ。
ちなみに裏返して見ると計測器はタニタ製だった。
タニタにも罪はない。






posted by 前川秀樹 at 20:13| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爪痕。

2011111415110001.jpg



ここ2,3日、思うように制作の手が進まない。
あの、電球がぱっと点くような、クリーンヒットのひらめきも降りてこない。

これは、あれだ、その、なんだ。
煮詰まっているんだ。

だから今日は仕事止め止め。
こういうときは車で一人でどこかに出かける。

で、茨城の海の方に。
震災以来、近くを通りがかることはあっても
浜に降りるのは初めての気がする。

ちょっと荒れ気味の海。
なんか面白いもの流れ着いてないかな。

2011111414470001.jpg

流木やたら多いなあ。船なんかも。

2011111414360000.jpg


ここにも船。

いくらか気にいったのを手にして、車に積んでいたら、
おじさんが近付いてきて、

「な〜にあづめてるんだぁ。」

と声をかけてきたから、

「いえ、板ものをちょっとね。小屋の修理とかに使うんです。」

ふうん。

阿藤快似のガラガラ声のおじさん。僕の返事にはまったくヒットせず。
で、勝手にしゃべりだす。

流木が多いのは、震災がれきがずいぶん混ざっているからだそう。
北茨城か福島か。宮城か。

そうか、水につかって削られた、いかにも流木、というのに混ざって、
角の取れてないやけに生々しい、柱や梁材が混ざっているなと思っていたら、
そういうことなのか。
海流って、黒潮のイメージがあるから、西から東へとひたすら漂流物は運ばれるものと
思い込んでいた。
逆なのか。
そういえば、このすぐ近くの大洗に流れ着いた大量の漁具が
宮城県に返却されたってニュースでやってたなあ。
そう言ったら。おじさん。

「岸の近くは逆に流れてるんだぁ。戻りカツオはそれにのってこの沖を通るっぺよ。」

流れってそういうものなんだなあ。
じゃあこの船も。

なんだか、ずっと昔の話の様な気がする。
けど、そうじゃないんだなあ。
今立ってるこの足元の海沿いの道路の上も例外なく津波が洗っていったのだ。

そのあと、
なんとなく怖くて、震災後近づかなかった、
那珂港の魚市場にも行ってみた。


2011111414180000.jpg

ありゃあ。
岸壁が、岸から引きはがされているよ。


2011111414190000.jpg
見事に。ずるりと横滑りしている。

この右側がお魚市場。ここも当時、一階の高さくらいは
さっぱり濁流で流されていた映像が流れていた。でも
復旧は早かった。
今はもう再び観光バスがついて、賑わってる。
でもあちこち、港のコンクリートはぱっかり割れて、
足元のクレバスには海が侵入してきてる。

これがあの8か月前の一瞬で。

いや、いまさらながら、なんともはかない。
8ヶ月たった今でもここより北の海岸には、僕はまだ行けないでいる。
いずれにしろ、東北まで続いていた太平洋岸沿いの長い道はあれ以来、
福島で分断されてしまった。

ここはまだいいけど、
元には戻らない漁港もきっと数えきれず。
あっちもこっちも、大好きな海岸の景色は様変わりしてしまった。
なんともはや。











posted by 前川秀樹 at 18:58| LOLO CALO HARMATAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

11月ルビジノ

1103.JPG

すっかりご無沙汰のブログです。

前川は前回書いたように毎日が8月31日状態が続いております。
いろいろと出来事はあったのですが、
ここで取り上げるモチベーションまでには強まって来ないまま、
だらだらと、12月のための制作に日々が流れ。

まあ、それはどうでもいいですね。

11月ルビジノのお知らせです。


11月5日(土) 6日(日) 7日(月) 8日(火)

のオープンです。

日が陰るとひんやりしてきました。
そろそろあれの時期です。あれ。

おでん。

今月からまた始めますよ。

皆さまお待ちしています。

posted by 前川秀樹 at 07:59| ルビジノ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする